南京錠

鍵が不要なスマートロックのメリットとデメリットを理解する

外された南京錠

スマートロックはスマホにダウンロードしたアプリを使って、ご自宅等の鍵の開閉を行う事が出来るいわゆる電子錠で、実際の鍵を使用する必要が無く、鍵の紛失等の心配がありません。そんなスマートロックは、ピッキング等の犯罪防止の効果もあり、多くの企業から販売されていると共に、手軽なスマートロックは自分でご自宅のドア等に取り付ける事も出来ます。
そこでスマートロックのメリットのメリットとデメリットについて調べてみましょう。メリットとしては電子錠のため、アプリをダウンロードしたスマホを鍵に近づけるだけで鍵の開閉が出来る為、鍵を探したりする必要も無く、荷物等で手がふさがっていても鍵を開ける事が出来ます。また実際の鍵を使わない事から、賃貸アパートの内見等の際は不動産やからスマートロックのURLを入手するだけで済む為、鍵の受け渡し等の必要性もありません。
多くのスマートロックはオートロック機能を持っている為、外出時等の鍵の締め忘れ防止にも対応出来ます。万が一スマホを紛失してしまった場合でも、別のスマホにアプリをダウンロードする事でIDとパスワードを入力すればそのまま使用する事が出来る為、鍵の交換等の必要性がありません。
一方デメリットとしては、スマホやスマートロック本体の電池切れ時には、鍵の開閉が出来なくなるので定期的に確認しておく事が必要です。また電子錠という種類に値するため、稀にシステムトラブルやハッキングを受ける等の危険性もあります。

スマートロックなら鍵を紛失してしまう心配がない

電子化の技術が発達したことにより生活のあらゆるシーンで電子化が進んでいますが、その波はドアの鍵にも及んでいます。スマートロックや電子錠と呼ばれる鍵がいらないドア鍵は、少しずつですが普及してきています。

生きていれば誰でも1度ぐらいは、鍵に関するトラブルを何かしら経験しているのではないでしょうか。最も多いトラブルのパターンは、やはり鍵を紛失してしまうことです。紛失してしまわないように気をつけていてもうっかり紛失してしまうことがあり、鍵を紛失して右往左往してしまうことは決して珍しいことではありません。

ですが鍵がいらないドア鍵のスマートロックなら、鍵の紛失を心配しなくても大丈夫です。そもそも電子錠ですから鍵を紛失する恐れがありませんので、鍵の紛失に悩むようなことはありません。スマートロックの場合は物理的な鍵ではなく暗証番号を使って解錠しますから、鍵を常に持ち歩くことのリスクはないです。

鍵を持ち歩かなくていいのは、鍵をうっかりどこかへ紛失してしまいがちな人ほど助かるはずです。スマートロックにすれば鍵の管理という面倒事からは解放されますので、鍵のことでイライラさせられなくて済みます。そこが電子錠であるスマートロックにするメリットです。

スマートロックの形状別の種類と特徴について

ご自宅等の鍵を持ち歩く必要が無い電子錠のスマートロックは、その便利さやセキュリティーの面で人気があり特にシェアハウスや貸会議室、ホテルの部屋の鍵、不動産業界の内見等の為に利用される機会が多くなっております。
そんな電子錠のスマートロックにはいくつかの種類があり、スマートロックを設置したい玄関や扉の構造、更にご自宅や扉のある場所の通信環境等によって、いくつかの種類の中から選択する事が出来ます。大きく分類すると設置方式の交換型と後付型、通信方式のBluetoothLowEnergy型とWiFi型に分類する事が出来ます。
設置方式の交換型と後付型は、現在の鍵をスマートロックタイプに交換してしまうタイプと、ドアの室内のサムターン部分にスマートロックを被せてしまうタイプに分ける事が出来ます。特にご自身のDIYで取り付ける事が出来る電子錠が多く販売されております。
一方、通信方式の場合iOS7やAndroid4.4以上に対応するスマホ等が必要になり、またスマートロックとスマホが離れている場合には使用する事が出来ない為、別の遠隔操作に対応出来る機器を導入する必要があります。一方、WiFi型の場合にはスマートロックとスマホが離れてしまっても遠隔操作が可能であるという利点があります。ただし搭載するバッテリー消費はBluetoothLowEnergy型の方が、少ない消費電力で使用する事が出来ます。


鍵が不要の電子錠を上手く利用してオフィスでの入出管理を効率よく行いましょう!鍵がいらないので紛失の心配がないのはもちろん、いつ誰が部屋に入出したかがわかるのでセキュリティ的にも安心です!